朝霞市の歯科医院/歯周病専門医/朝霞台駅・北朝霞駅から徒歩3分 大崎デンタルオフィス

【大﨑デンタルオフィス】

〜日本歯周病学会認定 歯周病専門医〜

tel

〒351-0022 埼玉県朝霞市東弁財1-7-19

musiba-menu

  1. 歯周病とは
  2. 当院での歯周病治療
  3. 歯周病治療の流れ
  4. 歯周病の専門用語と解説

歯周病治療で用いられる専門用語とその解説

歯周組織再生療法(エムドゲイン法・GTR法)

歯周病(歯周炎)が進行した歯では、歯の支持組織である歯槽骨、歯根膜、セメント質などが破壊され、減少しています。この失われた組織を元通りあるいは部分的に再生、回復する治療を歯周組織再生療法といいます。

現在、臨床の場に最も浸透している方法としてGTR法とエムドゲイン法があげられますが、これまでの比較データから、治療成績はほぼ同等と考えられています。しかし、手術時の歯肉への負担が比較的小さく術後の治癒が早い、術後の不快感が少ない、術式がGTRほど複雑でないなど、エムドゲイン法のほうがいくつか優れた面を持っています。

GTR法

通常の歯周外科手術(フラップ手術といいます)では歯周ポケットの深い場所を切開して歯根の表面やその周囲を歯石などの感染源を除去した後、歯肉を元に戻して縫合(縫い合わせること)しますが、手術後、歯肉の上皮細胞(皮膚と同じような細胞)がいち早く感染源を除去した場所に進行・増殖してしまうため、成長の遅い歯根膜や歯槽骨など歯を支える組織はほとんど増えないことがわかっています。

GTR法は物理的なバリアを置くことで、歯肉の上皮細胞が歯根膜、歯槽骨の失われた場所へ手術後に進行・増殖することを抑え、その間にセメント質、歯根膜、歯槽骨がゆっくりと長い期間をかけて再構築されていきます。

エムドゲイン法

エムドゲインはゲル状の薬剤で、歯の歯根が作られる過程で、歯根の表面にセメント質をつくる細胞を呼び集める役割を持つタンパク(エナメルマトリックスタンパク)が主成分として入っています。

エムドゲインを塗布した部分では、まずセメント質がつくられた後、次いで、歯根膜、歯槽骨の順に歯を支える組織がゆっくりと長い期間(6ヶ月以上)をかけて再構築されていきます。

エムドゲインにもGTRのように、歯肉の上皮細胞が歯根膜、歯槽骨の失われた場所へ手術後に進行・増殖することを抑制する機能を持っています。

>>エムドゲイン法の治療例はこちら

歯周形成外科(遊離歯肉移植術・上皮下結合組織移植術)

歯の周囲の歯肉がもともと薄く、少ないようなケースでは、歯ブラシをあてると傷ついて痛いためしっかりと磨けない場合や、歯周病が進行しやすい環境を作っている場合があります。また、前歯の付け根の歯肉が上記のようなケースでは、硬い歯ブラシによる誤ったブラッシングなどで歯肉が傷ついて退縮し、歯根が露出して歯が長くなったようになり審美的に大いに問題が生じます。

このような状況を改善するために上あごの内側の歯肉の豊富な場所から少し歯肉を頂いて不足している場所に移植することを遊離歯肉移植術・上皮下結合組織移植術などと呼んでいます。

これらの手術法はともに4半世紀以上の歴史があり、歯周病治療に付随する手術としてポピュラーな術式です。

>>歯周形成外科の治療例はこちら

遊離歯肉移植術

歯の周囲の歯肉が薄く、少ないようなケースで、歯ブラシをあてると傷ついて痛いためしっかりと磨けない場合や、歯周病の進行を助長してしまっている場合に、必要に応じて環境改善のために手術を行います。

上あごの奥歯(臼歯)の内側の歯肉の豊富な場所から少し歯肉を頂いて、歯肉の不足している場所に移植します。移植された歯肉は数カ月後にはしっかりとした歯肉となり、ブラッシングなどの機械的な刺激にも耐えられるようになります。頂いた場所の歯肉もほぼ元通り回復して治癒します。

上皮下結合組織移植術

前歯の付け根の歯肉が薄く、少ないようなケースでは、硬い歯ブラシによる誤ったブラッシングなどで歯肉が傷ついて退縮しやすく、これが長期的に続くと歯根が露出して歯が長くなったようになり審美的に大いに問題が生じます。 このような場合にも必要に応じて環境改善のために手術を行います。

上あごの奥歯(臼歯)の内側の歯肉の豊富な場所から歯肉の内側の組織を少し頂いて、歯肉の退縮してしまっている場所に移植します。移植された歯肉は数カ月後にはしっかりとした歯肉となり、ブラッシングなどの機械的な刺激にも耐えられるようになり、露出していた歯根も覆われて審美的にも改善されます。頂いた場所の歯肉もほぼ元通り回復して治癒します。

スケーリング・ルートプレーニング

歯周病(歯周炎)に罹患している歯は歯肉が炎症を起こして腫れており、深いポケットが形成されています。 この原因になっているのは細菌性プラークですが、このプラークが蓄積したものが歯根の表面の歯石です。

歯石というと、自分で口の中に確認できる歯の表面に付いてくる白っぽい歯石を想像するかと思いますが、実は歯肉の下にも血液などの成分が沈着して黒っぽい色をした歯石の塊が歯根にこびりついており、この歯肉に隠れている歯石のほうが歯周病の進行にとってよほど悪い影響を及ぼすもので、歯周病原菌の住み家になっているのです。

この歯肉に隠れていて歯根にしっかり付着している歯石を除去する処置をスケーリングといい、歯石をとった後のざらざらの歯根の表面を平坦でつるつるな状態にすることをルートプレーニングといいます。 このスケーリング・ルートプレーニングこそ、歯周病治療の根幹であり、軽度から中等度の病状の歯周炎であれば、プラークコントロールの徹底と、適切なスケーリング・ルートプレーニングを受けるだけで、ほとんど歯周病の進行を食い止めてしまうことも可能です。

残念ながら、これらの処置だけでは、歯を支えていた歯根膜や歯槽骨などの組織は再生できないため、歯周病にかかる以前の元の状態には戻せませんが、歯根の表面にこびりついていた異物がなくなったために炎症を起こしていた歯肉が引き締まって健康な状態に戻り、歯根の表面にぴったりと付着して外からのプラークなどの異物が入りにくい環境となります。

サポーティブぺリオドンタルセラピー(歯周維持療法)

スケーリング・ルートプレーニングなどの一連の歯周病治療を行った結果、いくつもの歯に認められた深いポケットが浅くなり、腫れを繰り返していた歯は歯肉が引き締まって膿や出血もなくなって腫れなくなり、歯の動揺もだいぶ収まってしっかりしてくるなど、いろいろな臨床的改善が認められます。  
これらの病状の改善は適切な治療と患者様ご本人のホームケアによる努力があれば、多くの場合手に入れることができるものですが、その後のアフターケアを怠ると歯周病が再発し、もとの黙阿弥となってしまいます。

この理由は、一度歯周病原菌に感染した歯のポケットの中には治療した後もわずかですが歯周病原菌が取り残されてしまうことによります。この細菌たちが時間の経過とともに分裂・増殖して元の細菌数に戻るまで3ヶ月程度とも言われています。

細菌が増えた歯の歯周ポケットの中では生体防御を司る白血球・リンパ球などと細菌との戦いが再び始まり、その結果、歯槽骨が破壊され、歯肉が腫れて、いわゆる病気の再発ということになります。

このような事態を未然に防ぐため、歯周病治療が終わってからも、その良好な状態を維持させようという治療が近年確立され、欧米に引き続き日本でもスタンダードな治療になってきています。

このような治療のことをサポーティブぺリオドンタルセラピー(歯周維持療法)と呼んでいます。実は昔からメインテナンスというものがあり、ほぼ同様な処置が行われていました。

サポーティブぺリオドンタルセラピーの根幹は、患者様の日頃のホームケアによる努力と2~3ヶ月に一回の歯科医師・歯科衛生士による歯周組織検査とプロフェッショナルケアで成り立っています。どちらが欠けても歯周病の再発のリスクは高まります。

歯周病治療後の病状の安定は両者の協力のもとで初めて得られるのです。

歯周病の専門用語と解説 朝霞市・朝霞台駅・北朝霞駅/歯周病・歯科・歯医者

Copyright©【大﨑デンタルオフィス】,2015 All Rights Reserved.

PAGE TOP