朝霞市の歯科医院/歯周病専門医/朝霞台駅・北朝霞駅から徒歩3分 大崎デンタルオフィス

【大﨑デンタルオフィス】

〜日本歯周病学会認定 歯周病専門医〜

tel

〒351-0022 埼玉県朝霞市東弁財1-7-19

musiba-menu

歯周病治療

  1. 歯周病とは
  2. 当院での歯周病治療
  3. 歯周病治療の流れ
  4. 歯周病の専門用語と解説

【いろいろな原因から来る歯周病】

最近、歯茎の色が悪く、血が出たり、グラグラして物が上手に噛めないと言った歯茎の衰えを感じている方、それは「歯周病」の疑いがあります。

歯周病は「歯周疾患」ともよばれ、歯肉、セメント質、歯根膜および歯槽骨などの「歯周組織に起こるすべての疾患」をいいます。

歯周病は、プラーク(≒歯垢・歯の汚れ)中の口腔細菌が原因となって生じる炎症性疾患であり、「歯肉炎」と「歯周炎」とに大別されます。

歯周病は生活習慣病として位置づけられ、食習慣、歯磨き習慣、遺伝、ストレス、喫煙、糖尿病などとの関連性があると言われています。

残念ながら歯科治療のみでは100%の回復はできないことも明らかにされ、患者個人の生活習慣の改善、自助努力が必要不可欠な厄介な疾患です。

~歯周病の疑いがある症状例~

  • 歯がグラグラして出血することが多い
  • 歯茎の色が悪く、歯茎が痩せた(歯が長くなった)気がする
  • 口臭が気になる
  • 食べ物がはさまりやすい

~歯周病(予備軍)の方の傾向~

  • 食生活の乱れがある方
  • 歯磨きをしないことが多い方
  • 喫煙している方
  • 唾液量が減った方、口の中が乾きやすい方
  • 歯並びが悪い方、歯ぎしりをする方
  • ストレスを多く感じている方
  • 歯石除去を定期的に行っていない方
  • 糖尿病等の病気の方、妊娠している方

【歯周病の原因と症状】

どうして歯周病になるの?

歯周病は、歯と歯肉の間にプラークがたまって細菌が住み着き、そこに炎症が引き起こされることがきっかけになります。

初めは自覚症状がなく、鏡で見ても気が付きませんが、そのうち歯肉が赤く腫れたり、出血しやすくなったりします。

プラークが石灰化して歯石となり取り除きにくくなって、歯周病が悪化し、歯と歯肉の間の溝が深くなります。

これを「歯周ポケット」といいます。さらに炎症が歯肉の内部に進行すると、歯を支えている靭帯(歯根膜)や骨(歯槽骨)が破壊されて、歯を支える力がだんだん弱くなります。

この状態のまま放っておくと、ついには歯を失うことになります。

自分の歯で一生を過ごすためには、歯周病を早期に発見し治療しなければなりません。

歯周病の怖い実態

「歯科疾患実態調査」によると、「若年者においては歯肉に所見のある者は少ないが、高齢になるにつれて歯肉に所見のあるものが多かった」と報告されています。

年齢階級別の有病者率をみると、年齢が高くなるにつれて歯肉に所見のある者が増え、45~54歳の年齢層では約88%を示し、最も高率になっています。

加齢とともに増加する傾向があり、とくに働き盛りの年齢層(30~69歳)では80%以上を示しています。

また、59歳以下における4mm以上の歯周ポケット(正常な値は3mm以下)を持つ者の割合は減少傾向にあるものの、60歳以上では増加する傾向にあります。
様々な調査をもとに、歯肉に何らかの症状がみられる患者数を推定すると約9500万人となりますが、実際に歯科診療所で治療を受けている患者様は約120万人です。

この数は、虫歯や欠損補綴の治療含んだ患者数であるので、歯周病の治療を受けている患者様はもっと少ないことになります。

この数字の差から、「歯周病であることに気づかないでいる人」や「気づいていても治療しないでいる人」がいかに多いかがわかります。

また、軽度の歯周病を含めると該当する方は、40歳以上の成人の5人に4人以上が歯周病の症状があるといわれ、歯周病は歯を失う最も大きな原因となっています。

歯周病とは 朝霞市・朝霞台駅・北朝霞駅/歯周病・歯科・歯医者

Copyright©【大﨑デンタルオフィス】,2015 All Rights Reserved.

PAGE TOP